保育士を辞める!辞めたあとの次の仕事はどうしたらいい?

保育士を辞める!辞めたあとの次の仕事はどうしたらいい?

この記事では、一般的によくある保育士の辞めたい理由と辞めた後の次の仕事や辞めるときの解決策を紹介します。

また、保育士によくある悩みを年代別にも紹介しているため、自分に合った解決方法が見つかるでしょう。

保育士を辞めると決めたときのことや退職時のマナーもお伝えしています。

最後まで読むことで「保育士を辞めたい」から「次に進む」という前向きな気持ちになるかもしれません。

保育士の転職なら「保育士バンク」が一択と言えます。

夏までに転職したい方は…
\ お早めに!/

保育士バンク

選ばれている3つの理由

  1. 厚生労働省の「保育分野における適正な有料職業紹介事業者認定制度」に認定
  2. 日本最大級の累計33万人(有資格者26万人)以上が登録
  3. 47都道府県の求人を扱う
保育士バンク
の詳細を見る

保育士の退職理由

保育士の退職理由

憧れて保育士になったはずなのに、いざ働いてみると辞めたいと思う人がとても多いのが現実です。

保育士の退職理由で多いものは「平成30年度東京都保育士実態調査報告書」を参考に以下のとおりです。

  1. 保育士を辞める!辞めたあとの次の仕事はどうしたらいい?、33.5%
  2. 給料が安い、29.2%
  3. 仕事量が多い、27.2%
  4. 労働時間が長い、24.9%
  5. 妊娠・出産、22.3%

保育士を退職した理由は、労働環境が上位を占めていることがわかります。

労働環境は職場を変えれば解決しやすいです。

ただ、転職する際に保育園や幼稚園の見学をしないと実際に自分に合う職場なのかわからないはずです。

転職サイトを利用すれば、転職を決める前に見学ができたり、その保育園や幼稚園で働いている保育士の声を聞くことができるので、労働環境で悩んでいる保育士は転職サイトの活用をおすすめします。

人気サイト
ランキング
求人数
6月更新
おすすめの人/特徴
累計40万人が利用!!

保育士バンク!
保育士バンク
公式サイトへ
59,982件・迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
保育士間の転職

保育士ワーカー
保育士ワーカー
公式サイトへ
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人※トライトグループ合計実績
すぐお金が必要なら

せんとなび保育士
せんとなび保育士
公式サイトへ
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給

辞める決意をする前に!保育士でよくある辞めたいと思う理由と対処法

辞める決意をする前に!保育士でよくある辞めたいと思う理由と対処法

実際の保育現場で一般的に保育士が辞めたいと思う理由を解決策とともに詳しく見ていきます。

保育園の人間関係が悪くて辞めたい

退職理由で最も多かったのが人間関係の悩みです。

保育士は女性の比率が高いため、人間関係が複雑化しやすいです。

保育観や仕事の方向性が違うと、意見がぶつかり合うことも珍しくありません。

また、保育園では年間を通してクラス担任をすることが多いため、1年間ずっと同じメンバーで仕事をしなければなりません

組む相手と一旦こじれてしまうと、1年間気まずい雰囲気のまま過ごすことになるため精神的にも疲れてしまう人が多いです。

【改善策】

保育観や仕事内容の相違で周囲との関係性が崩れてしまった場合には、第三者に入ってもらい話し合いましょう

できれば主任やフリーの中立的な立場の先生に仲裁をお願いすることで、客観的な意見を聞くことができます。

相手の違った角度の視点や自分の新たな気持ちに気づけるかもしれません。

「とにかく雑談が多い」のような根本的に自分と合わないと感じる場合には、「仕事である」「1年でクラス替えがある」と割り切りましょう

なかなか他人の性格を変えるのは難しいため、自分の気持ちをどれだけコントロールできるかが非常に重要となります。

ただクラス運営に支障が出そうなときには、周囲に相談することをおすすめします。

保育士の給料が低くて辞めたい

ここ数年では処遇改善が進んではいますが、他の職種と比べるとまだまだ給料が低いのが保育士の現状です。

また子どもの命を預かる責任の重さから、到底今の給料に見合わないと思うのも辞めたくなる理由です。

【対処法】

近年保育士の人員不足が問題視され、処遇改善加算手当が国から加算されるようになりました。

処遇改善加算手当には以下の2種類があります。

  1. 処遇改善加算I 職場の保育士の平均勤続年数や、園内での研修や労働環境を改善させることにより手当が加算される
  2. 処遇改善加算Ⅱキャリアアップ研修に参加することで、役職に付きにくかった若手や中堅保育士に手当が加算される

ただ上記は、政府が保育士不足や保育の質の改善のためにおこなっている取り組みなので、園が申請していないと国から加算される手当はもらえません

自分の職場では処遇改善の制度を利用しているのか確認してみるといいでしょう。

また、保育園によって基本給やボーナス、役職手当が出るといった違いもあります。

周囲と比べてあまりにも待遇が悪い場合には、転職をおすすめします。

保育士の労働時間が長くて辞めたい

多くの保育園は朝の7時前後から夜の7時前後に開園しています。

開園時間のなかでシフト制となっている園がほとんどです。

そのため、自分の勤務時間が終わっても子どもはいるしほかの保育士は働いています

「どうしても人手が足りないから残業して」とそのまま保育に入らなければならないこともしばしばあります。

また、行事前は準備に追われて帰れないこともあります。

シフト上では8時間勤務となっていますが、現状はそれ以上に拘束時間が長いのも辞めたくなる要因です。

【改善策】

行事や製作物の準備は、日々の保育のなかで「子どもを観る係」と「準備物を製作する係」に分担しながらおこなうと勤務時間内にも作業を進めることができます

また、子どもが作った製作物を飾りとして利用したり、子ども達に準備を手伝ってもらうことを保育の一貫とするのも方法のひとつです。

ただ、「慢性的に人手が足りず残業が当たり前」という場合には転職を視野に入れておきましょう。

保育士の業務内容が大変で辞めたい

保育士の仕事は、子どもの命を預かります。

「室内に危険はないか」「子どもの体調に異変はないか」と日々緊張感を持って取り組まないと、思わぬ事態や怪我に繋ってしまいます

また、子どもの様子を伝える保護者対応もとても神経を使います。

ほかにも行事の進行で頭を悩ませたり、日々のカリキュラムの作成に追われたりと業務内容がとても過酷なのも辞めたくなる理由でしょう。

【改善策】

業務内容が大変と感じるときは、「すべて子どもの生活に繋がっている」と考えるとやりがいが出てきます

忙しい日々に追われているとどうしても業務が作業化してしまいすが、保護者対応も行事も、子どもが笑顔で過ごせる過程であることを心の片隅に置いておきたいものです。

そして何事も1人で抱え込まず、園全体で取り組むこともとても重要です。

とくに子どもの安全面に関しては、自分1人が気を付けていても防げるものではありません

危険な場所があれば園長や主任に報告し、体調面はほかの保育士と細かく情報を共有し合うことで些細な変化にも気付きやすくなります。

【新人保育士】よくある辞めたい理由と対処法

【新人保育士】よくある辞めたい理由と対処法

保育士になって間もない新人保育士さんは、慣れない環境に戸惑い辞めたいと思う人も多いようです。

以下が新人保育士によくある辞めたい理由です。

こんなはずじゃなかった!求めていた仕事内容と違う

子どもが大好きで、憧れの職業にやっとの思いでなれたのにいざ働いてみるとそのギャップの大きさに戸惑うことも少なくないようです。

保育士の仕事は子どもと遊ぶだけで終わりではありません

連絡ノートを書いたり、行事を進行したり、日誌やカリキュラム作成にも追われます。

また、新人時代は掃除や雑用を任されることが多いです。

「ほとんど子どもとかかわらずに1日が終わってしまった」というのも珍しくありません。

【対処法】

子どもと遊んだりお世話をするのももちろん大切なことですが、子どもたちが過ごす環境を整えることも同じくらい重要なお仕事だと覚えておきましょう。

掃除をしないと怪我や誤飲に繋がったり、遊べる準備が十分に整っていないとケンカやトラブルに発展します。

そして、新人は先輩保育士と比べて保育をする力がどうしても劣ります

子どもたちを上手くまとめられないと危険がともないます。

先輩保育士も子どものことを考えて、雑務を任せていると考えを置き換えてみてください。

仕事ができないので保育士を辞めたいと思ってしまう

入りたての新人保育士さんは、保育士の仕事量や忙しさに戸惑いを隠せないでしょう。

次から次へとやることに追われて、ミスを連発してしまい「自分は仕事ができない」と落ち込みがちです。

子どもが好きで保育士になったのに、いざ働いてみると「子どもがいうことを聞いてくれない」と保育士失格だと自信を無くすパターンもよくあります。

【対処法】

保育士に限らず、どんな仕事でもはじめから上手くできる人はいません

そして、保育はとくに経験を積まないとわからない部分が多いです。

「何もできない」から「できることを増やす」という意識に変えていきましょう。

また、今はバリバリ仕事をこなす先輩保育士にも必ず1年目があります。

「頑張れば先輩保育士のようになれる」と目標にしたり、年の近い先輩に1年目のときの様子を聞いてみるのも励みになります。

【30代保育士】よくある辞めたい理由と対処法

【30代保育士】よくある辞めたい理由と対処法

保育士になって10年近く経ち、仕事にも慣れてきたはずなのに負担は増すばかり。

30代保育士が辞めたいと思う理由を見ていきましょう。

先輩・後輩保育士からの板挟みがストレス

ある程度経験を積むと後輩の指導を任されます。

自分がやればすぐ終わることを他人に教えるのはとても労力を使います。

そして経験年数を重ねていても、自分より先輩がいる年代でもあります。

後輩の指導もしつつ先輩の負担が減るようにサポート役にも回らなければならないので、板挟みの立ち位置がストレスと感じてしまいます。

【対処法】

先輩後輩の板挟みと感じないためには、日頃のコミュニケーションが大切です。

些細なことでも情報の共有をし、相談をする習慣が付いていれば神経をすり減らして仕事をすることも自然と減っていくでしょう。

後輩育成は、「指導する」から「一緒に頑張る」へ意識を変えると随分と気持ちが楽になるかもしれません。

結婚・出産などのライフイベント

現代の出産年齢は約30歳で、30代保育士はちょうど結婚や出産の適齢期に当たります。

新婚旅行に特別休暇を使用したり、産休・育休制度も整ってきていますが、家事や育児との両立に不安を抱え辞めたいと考える場合も多いです。

【対処法】

今の保育園に時短勤務制度がないか確認してみましょう。

時短勤務制度は、育児・介護休業法では3歳未満の子どもがいる場合、1日の労働時間を6時間とすることができます。

小さい子どもを持ちながら子どもを育てるのはとても大変なため、制度を利用できると大きく負担が軽減されます。

あとは夫や両親に協力してもらったり、自治体による地域密着型の子育て応援制度のファミリーサポートに登録しておくのもよいでしょう。

どうしても不安が拭えない場合には、パート勤務に切り替え業務の負担を減らす働き方もあります。

【40代保育士】よくある辞めたい理由と対処法

【40代保育士】よくある辞めたい理由と対処法

経験が20年近くになり、ベテランの域に達する40代保育士。

このままずっと保育士を続けるのかと思いきや、辞めたくなる瞬間もあります。

責任が重くて大変

20年も保育士を続けていると、それなりに責任の重い業務も任されるようになります。

自分のクラスだけでなく園全体が上手く回っているかを気に掛けたり、遠足の下見で外部と連絡を取るなど管理職的な立場の仕事も振り分けられます。

責任の重さにプレッシャーを感じ、自分のキャパを超えてしまうとつい退職が頭を過ります。

【改善策】

経験を重ねるにつれ、周囲から相談される立場になっていきますが、ベテランである自分も上手に周りを頼りましょう

後輩たちは先輩に相談され自分の提案を採用されると、とても嬉しく自信になります。

そして、仕事を任せてもらえることもやりがいに繋がります。

自分1人で抱え込もうとせずに周囲に仕事を振り分けるのもお互いにとってプラスとなるでしょう。

また、経験を積むとなんでも自分で判断しがちですが、わからないことは恥じずに上司の指示を仰ぐことが大切です。

仕事のマンネリ化

保育士の仕事は基本的に毎年同じ流れで進んでいきます。

子どもは毎年入れ替わりますが、新鮮さがなくなっていくのも事実です。

長く続けているが故に刺激に欠けると感じてしまうでしょう。

【改善策】

ベテランという立場を利用して、今までなかったイベントや遊びを企画してみましょう。

自分がマンネリ化を感じているということは、子どもたちも日々の保育を楽しめていない可能性があります。

いつもと違った環境に子どもたちもまた違った一面をみせてくれるかもしれません。

保育士事態がマンネリ化している場合には、転職を考えましょう。

ただ異業種への転職は、年齢を重ねるにつれて難しくなるため注意が必要です。

保育士資格を活かした同業種への転職もおすすめです。

【パート保育士】よくある辞めたい理由と対処法

【パート保育士】よくある辞めたい理由と対処法

クラス運営をしたり、行事の進行を任される常勤保育士と違って、補助的な業務を任されることが多いパート保育士。

パート保育士ならではの悩みをまとめました。

肝心なときに役に立たないと思ってしまう

パート保育士は基本的に時給制のため、1分でも残業をすると残業代が加算されるため園側としては規定時間でスッパリと業務を終えて欲しいものです。

そのため、子どもがほとんど帰っておらずバタバタした時間帯にも強制的に業務を終了させられます。

ほかの常勤保育士も契約上なにも言えませんが、「この状況で帰るの?」という空気に耐えられない場合も多いでしょう。

また、子どもが怪我をして病院に連れて行ったり、行事で前に出て仕事をするなど肝心な業務は常勤の係となるため、役に立たないと感じてしまいます。

【改善策】

肝心なときに何もできないと感じるかもしれませんが、そこは「パート保育士」と割り切った働き方をしましょう。

常勤保育士とパート保育士では給料の額も違うため、役割も変わって当然です。

自分の意思で責任を逃れているのではないのを理解しておきましょう。

そして常勤保育士にとって、保育の補助をしてくれるパート保育士は想像以上に大きな存在です。

表立った活躍ができなくても、縁の下の力持ちとして周囲の保育士を支えてあげてください

保育意外の雑務が多い

保育士は「きつい」「汚い」「臭い」の3Kと表現されることもある職業です。

掃除や重い荷物を運ぶことも日常茶飯事です。

雑務はパート保育士の仕事と扱う園もあるため、子どもと遊ぶ常勤の仕事と不平等さを感じてしまうのも無理はありません。

【改善策】

設定保育や子どものお世話も大切ですが、子どもが過ごす環境を整える雑務も同じくらい大切な仕事です。

子どもが安心して過ごすためにも、欠かせない業務であることを覚えておきましょう。

また、定時で帰ってしまうことの多いパート保育士は、遅い時間にお迎えに来る保護者の対応が難しいです。

子どもになにかあったときに、きちんと保護者に説明する義務があるため、保護者対応ができる常勤保育士が子どもの様子を常に見守る必要があります。

「ほとんど子どもと過ごすことがない」など、あまりにも保育と掛け離れている場合は転職を考えましょう。

保育士を辞めたいけど辞めれない理由

保育士を辞めたいけど辞めれない理由

保育士を辞めたいと思っているけど、なかなか簡単に辞められないのが現状です。

周りの保育士が退職に踏み出せない理由を4つ紹介します。

  1. 保育士を辞めたいけど新卒の1年目
  2. 保育士を辞めたいけど1ヶ月も働いていない
  3. 保育士を辞めたいけど職場に言えない
  4. 保育士を辞めたいけど転職が不安

保育士を辞めたいけど新卒の1年目

保育士を辞めたいと思っているけど、働いてまだ1年も経っていないので辞めにくいのも理由の1つです。

辞めると言ったときに「まだ1年目なのに」と周囲からの批判が怖くなります

1年で転職してしまうと、次の転職先にも悪い印象となってしまいそうで不安になるでしょう。

保育士を辞めたいけど1ヶ月も働いていない

「この保育園は自分には合わない」と思っても、入社して1ヶ月も経っていないのに辞めるのはとても勇気がいります

波風立てないためにもあと数ヶ月は働いてから言おうか、どうせ辞めるなら早い方がよいのか心が揺れてしまいます。

保育士を辞めたいけど職場に言えない

保育士は常に人手不足の傾向にあります。

今自分が辞めると報告すると、周囲からどんな反応が返ってくるかと思うと怖くて言えないという人も多いです。

また、自分が抜けた後、子どもたちは大丈夫なのかと心配になるのも不安要素でしょう。

保育士を辞めたいけど転職が不安

保育士を辞めるのはよいけど、転職が上手くいくのか不安というのも辞められない要因です。

転職先が見つかるのかも不安だし、転職先が自分に合うのかもわからないため退職に踏み込めない場合も多いです。

保育士を辞めたいときに取るべき行動

保育士を辞めたいときに取るべき行動

「保育士を辞めたい」と思っても勢いで辞めてしまうのは危険です。

退職の前にやっておくべきことを2つ紹介します。

  1. 誰かに相談する
  2. 辞めるメリット・デメリットを考える

保育士を辞めたいときに取るべき行動①誰かに相談する

自分では「辞めたい」と思っていても、他人の意見を聞くことで冷静になれる場合もあります。

できれば先輩保育士に辞めたいと思っていることを相談するのがおすすめです。

乗り越え方や、続けてよかったことを聞くと、気持ちに変化が生まれるかもしれません。

また、保育士とはまったく関係ない知人に相談すると、保育の世界を知らないからこそのすごさや魅力を聞き出すことができるかもしれません。

退職を決断するのは自分ですが、誰かの意見を取り入れることでより冷静な判断ができるため後悔しにくくなります。

保育士を辞めたいときに取るべき行動②辞めるメリットデメリットを考える

今の保育園を辞める前に退職したときのメリット・デメリットを考えてみましょう

辞めるメリットがデメリットを上回った場合、辞めることをおすすめします。

紙に書き出すことでさらに冷静な分析ができます。

保育士を辞めて良かったこと、後悔したこと

保育士を辞めて良かったこと、後悔したこと

実際に保育士を辞めた場合にどんな心境になるのか気になるところです。

よくある保育士を辞めてよかったこと後悔したことを紹介します。

保育士を辞めて良かったこと

保育士を辞めて良かったことで多いのは以下の4つです。

  1. 給料が上がった
  2. 煩わしい人間関係から開放された
  3. 休みが増えた
  4. 体力的に楽になった

異業種に転職することで給料アップが見込めたり、保育士ならではの人間関係に悩むことがなくなるのがなにより嬉しいポイントです。

土曜日に出勤することがなくなったり、持ち帰り仕事が減り体力的にも楽になると感じるようです。

保育士を辞めて後悔したこと

保育士を辞めて後悔したことでよくある多い声は以下の3つです。

  1. 子どもと会えない
  2. 仕事にやりがいが見いだせない
  3. 就職先が決まらない

保育士の魅力は、なんと言ってもかわいい子どもと触れ合えることです。

保育士を辞めてしまうと、突然子どもとの関わりがなくなるので寂しいと思うのも無理はないでしょう。

常に子どものために必死で頑張ってきた仕事なので、最初は開放的になっても次第に物足りなさを感じる人も多いようです。

また、転職先を探しても保育士以外の仕事を探すのはそう簡単ではありません

なかなか決まらず焦る場合もあるようです。

保育士を辞めると決めたら次の仕事を探そう!

保育士を辞めると決めたら次の仕事を探そう!

「保育士を辞める!」そう決めたら次の仕事を探しましょう。

転職する際のポイントをお伝えします。

異業種への転職

保育士しか経験がなくても、異業種への転職は可能です。

転職先として人気なのが、以下の4つです。

  1. 一般事務、受付
  2. 営業職
  3. サービス業
  4. 介護職

保育士は事務作業もありコミュニケーション能力も培われているため、一般企業に就職しても存分にスキルを発揮することができます

ただ、まったく経験のない分野への転職は難易度が高いため、転職エージェントを利用するとスムーズに転職活動が行えます

転職エージェントを利用するメリットは以下の2つです。

  1. アドバイザーが好条件の求人を紹介してくれるので効率よく転職活動ができる
  2. アドバイザーが面接対策や履歴書の書き方など転職の際のアドバイスもしてくれる
人気サイト
ランキング
求人数
6月更新
おすすめの人/特徴
累計40万人が利用!!

保育士バンク!
保育士バンク
公式サイトへ
59,982件・迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
保育士間の転職

保育士ワーカー
保育士ワーカー
公式サイトへ
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人※トライトグループ合計実績
すぐお金が必要なら

せんとなび保育士
せんとなび保育士
公式サイトへ
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給

少しでも保育士を辞めたくて、他職種を検討しているのであれば、相談だけでも無料なので、登録してみる価値はあるでしょう。

保育士資格を活かした同業種への転職

保育士の保育園以外の活躍の場は、以下の4つなどがあります。

  1. ベビーシッター
  2. 子育て広場
  3. 学童保育
  4. ベビーホテル

ベビーシッターは自分1人で業務ができるのが最大の魅力です。

また、保育士以外に幼稚園教諭の免許を持っている場合は、幼稚園に転職もおすすめです。

転職に際して労働環境や給与面に関して不安がある場合は、保育士専用の転職エージェントを活用しましょう。

アドバイザーがそれぞれの職場に足を運び、給料や職場の雰囲気などの内部調査をしているため転職したときにミスマッチが起きにくいです。

保育士を辞めるなら知っておきたい退職時マナー

保育士を辞めるなら知っておきたい退職時マナー

保育士は多くの場合がクラス担任制のため、年間を通した人事配置になっています。

そのため、退職を申し出る場合には十分な注意が必要です。

退職時のマナーを以下の4つ解説します。

  1. 保育士を辞めたいときは何ヶ月前が理想?
  2. 保育士で休職中に退職はできる?
  3. 年度途中に保育士を辞めたいけど大丈夫?
  4. 保育士を1週間で辞めたらどうなる?

保育士を辞めたいときは何ヶ月前が理想?

多くの保育園はクラス担任制となっているため、子どもたちが進級する3月末まで勤めるのが望ましいです。

多くの場合、来年度の進退について聞かれる時期があるため、そのタイミングで退職の意思を伝えましょう。

どうしても年度途中で退職する場合は、子どもたちにも影響が出るため遅くても3ヶ月前には申し出るようにしてください。

保育士で休職中に退職はできる?

激務で体調を崩し休職中の場合に「もう今の職場に戻ることはない」と決めたときには、そのまま退職することも可能です。

園に出向いて退職の意思を伝えるか、体調が思わしくない場合は電話での報告が望ましいでしょう。

ただ休職中は疾病手当が最長1年6ヶ月支給されるため、復帰するか迷っている場合には焦って退職することは避けてください

年度途中に保育士を辞めたいけど大丈夫?

多くの保育園はクラス担任制となっているため、子どもたちが進級する3月末まで勤めるのが望ましいです。

ただ、体調を崩していたりあまりのストレスで精神的に参っている場合には自分を守るためにも退職を決断しましょう。

その日に辞めることはなかなか難しいため、決断したらなるべく早く伝えるのが望ましいです。

園によっては、契約時に退職を申し出る時期が定められている場合があるため、契約書を確認してみましょう。

保育士を1週間で辞めたらどうなる?

「面接時と話がちがう」など、我慢ならないときもあります。

ただ、自分に責任がないとは言え転職時にはあまりよいイメージを持たれないでしょう。

1週間しか働いていないのならば、わざわざ履歴書に書く必要はありません

しかし、雇用保険や社会保険の手続きがされていた場合には転職先にバレる可能性があります

保育士を辞めたいと思ったときは自分を見つめ直すきっかけになる

憧れの気持ちを抱いて保育士になったのに、辞めたいと思うのは後ろめたい気持ちがあるかもしれません。

保育士の仕事は、責任が重い上に多忙で辞めたいと思う人は多くいます。

ただ、辞めたいと思うのは今の環境を変えたいという前向きな気持ちの現れでもあります。

「本当は何をしたいのか」と自分をしっかり見つめ直すチャンスでもあるでしょう。

進む道はたくさんあるので、自分らしくいられる決断ができることを祈っています。

夏までに転職したい方は…
\ お早めに!/

保育士バンク

選ばれている3つの理由

  1. 厚生労働省の「保育分野における適正な有料職業紹介事業者認定制度」に認定
  2. 日本最大級の累計33万人(有資格者26万人)以上が登録
  3. 47都道府県の求人を扱う
保育士バンク
の詳細を見る