保育士から一般企業への転職はもちろん可能!おすすめの仕事を解説

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、「保育士は一般企業に転職できるのか?どんな仕事がおすすめなのか?」について解説しています。

最後まで読むことで、保育士から一般企業に転職し成功した際の生活がイメージできるでしょう。

異業種だとどんな仕事が適しているのかも参考にして有利に転職を進めていきましょう!

夏までに転職したい方は…
\ お早めに!/

保育士バンク

選ばれている3つの理由

  1. 厚生労働省の「保育分野における適正な有料職業紹介事業者認定制度」に認定
  2. 日本最大級の累計33万人(有資格者26万人)以上が登録
  3. 47都道府県の求人を扱う
保育士バンク
の詳細を見る

保育士から一般企業へ転職は可能?

他企業に転職するのは、非常に難しい

保育士は子どもの成長に関わっていく仕事なので他の業種とは異なるので他企業に転職するのは、非常に難しいと一般的に思われています。

ただ保育士が一般企業から煙たがられているかというとそんなことはありません。

むしろ保育士で培った能力を活かせる仕事がありますし、保育士から一般企業に転職することは十分可能です。

保育士として行き詰まっているのなら一般企業に転職することも視野に入れて見てください。

もし一般企業への転職に不安であれば親身に相談に乗ってくれる転職エージェントや転職サイトを上手く活用するとよいでしょう。

人気サイト
ランキング
求人数
6月更新
おすすめの人/特徴
累計40万人が利用!!

保育士バンク!
保育士バンク
公式サイトへ
59,982件・迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
保育士間の転職

保育士ワーカー
保育士ワーカー
公式サイトへ
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人※トライトグループ合計実績
すぐお金が必要なら

せんとなび保育士
せんとなび保育士
公式サイトへ
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給

保育士から転職を考える理由は?

保育士から転職を考える理由

夢をもって念願の保育士になれたまでは良かったものの、イメージと違う仕事と分かり、「保育士を辞めたい…」と感じてしまう人も多いのが実情です。

厚生労働省「保育士の現状と主な取り組み」で公表された保育士の退職理由グラフをもとに理由を次の5つの項目から解説します。

  1. 職場の人間関係
  2. 給料が安い
  3. 仕事量が多い
  4. 労働時間が長い
  5. 妊娠・出産

職場の人間関係

保育業界でも職場の人間関係は退職理由のトップに上がります。

保育士はどちらかというとチームプレーが求められる仕事で普段から同僚とのコミュニケーションをとり連携を深めておく必要があります。

しかし、人間合う・合わないがありますよね。

保育園内に合う人が少なければ、避けることが増えてしまい仕事も上手くいかなければ孤独とも闘わなければなりません。

そうなると、職場にいることがストレスとなり辞める選択をとる人が多いようです。

給料が安い

次に退職理由として多いのが給料の問題です。

内閣府の調査によると保育士の平均年収は、賞与を合わせて約340万円で平均月収は約22〜23万円となります。(引用:平成29年度賃金構造基本統計調査

国としても保育士の必要性を強く感じているため、待遇改善に向けて賃金の底上げや支援補助など取り組みをしている行政も出てきているのは事実です。

しかし、結婚や子どもが生まれるなど費用がかさむと保育士の給与では厳しく退職を決断する人も多いです。

給料の安さの問題は、保育業界の永遠の課題といっていいかもしれません。

仕事量が多い

保育士は子どもと関わる以外にもやらなきゃいけない仕事があります。

  • 行政に提出する書類作成
  • 本社に提出する書類作成
  • 日々の保育日誌作成
  • 保護者との連絡ノート確認
  • イベント行事の立案
  • 外部研修に参加
  • 園内ミーティング

このように保育以外にやる業務があり、時間に追われながら仕事をしていかないといけません。

ベテラン保育士として勤務している人なら要領良くこなしていけますが未経験・経験3年未満の人だと仕事が終わらず苦労するかもしれません。

労働時間が長い

保育士は子ども相手の仕事なので予期せぬ事態で時間を取られてしまうことがあります。

  • 子どもの具合が急に悪くなった
  • 保護者が迎えにきても泣いて帰りたがらない
  • 行事の準備が終わらず、勤務時間外まで作業

イレギュラーが頻繁に起こる仕事なので思いがけない残業が増えて、「予定が潰れてしまった…」なんて嘆く保育士は多いです。

1人ひとりが担当する仕事量も多いので慣れるまでに時間がかかり、労働時間が長いことを理由に退職する保育士が多いです。

妊娠・出産

妊娠・出産に関しては、妊娠前までは簡単にできていたことが妊娠してしまうと途端にできなくなってしまいます。

これは仕方ないですし、新しい赤ちゃんの命を授かっているのですから無理して続ける理由はありません。

出産後、育休休暇を経て復職するケースもあります。

子どもの成長を長く見届けたかったり、違う仕事に興味がある人などは妊娠・出産を理由にそのまま退職する人もいるようです。

保育士から一般企業へ転職するメリット

最大のメリットは
給料UP!

保育士から一般企業へ転職するメリットを解説します。

①給料が上がり、心に余裕がもてる

保育士の平均年収は賞与を合わせて約350万円程で、その年収を超える一般企業を見つけられれば、心に余裕を持ちながら快適な生活が送ることができるでしょう。

正社員女性の職種別の平均年収ランキングは以下の表を参考にしてください。

職種別の平均年収ランキング

職種別の平均年収ランキング
引用:マイナビニュース

また保育士から一般企業への転職で、年収(給料)を上げる方法を以下の表にまとめたので参考にしてくださいね!

給料を上げる方法

4つの方法すること
スキルの強化とアピール保育士として磨いたコミュニケーション力、リーダーシップ、問題解決能力、時間管理、緊急対応力などを強調し、アピールする。具体的な経験を示すことで説得力を持たせる。
資格の取得ビジネス、会計、プロジェクト管理、ITなどの領域で資格を取得し、スキルを証明する。
市場価値の理解自分のスキルと経験が市場でどう評価されているかを理解し、給料を適切に交渉する。
ネットワーキング人脈を広げ、新たなチャンスを見つける。LinkedInやFacebookなどのソーシャルメディア、業界イベントなどを利用する。
転職サポートサービスの利用転職エージェントやキャリアカウンセラーを利用し、自身の価値を最大限に引き出す。給料交渉もサポートしてもらう。

②溜まっていたストレスがなくなる

保育士として働いていた人間関係や園に対する不満など日頃、溜まっていたストレスがなくなり、ワクワク感を持ちながら新しい転職先で働くことができるでしょう。

ただ仕事は仕事なので一般企業でもストレスを抱えることもあります。

そこで、一般企業で多い女性が抱えるストレスの例をまとめたので以下の表を参考にしてくださいね!

女性が抱えるストレスの内容

ストレスの種類詳細
職場でのセクシャルハラスメント同僚や上司からの適切でない言動によるストレス。
ワークライフバランスの不均衡家庭と仕事の両立によるストレス。子育てや介護など、家庭の負担と仕事の負担をどのようにバランスさせるか。
男女間での昇進・評価の不公平同じ能力・結果を出していても、男性より昇進や評価が低いことによるストレス。
低賃金・賃金格差同じ職種・業務内容で男性より賃金が低い、または同じ職場内での賃金格差によるストレス。
職場でのマタニティハラスメント妊娠や出産を理由に不適切な言動を受け、仕事環境が悪化することによるストレス。

③子ども相手ではないので予期せぬ残業がなくなる

保育士は子ども相手なので予期せぬ事態が起こり、残業が発生することが多いです。

しかし、一般企業なら時間管理もしっかりできているので残業なく退勤できることが強みでしょう。

ちなみにですが、一般企業の平均残業時間ランキングは以下のとおりです!

平均残業時間ランキング
引用:doda

保育士から一般企業へ転職するデメリット

保育士から一般企業へ転職するデメリット

保育士から一般企業へ転職するデメリットはどのようなことが挙げられるのか解説します。

①新しい仕事へ適応するのに時間がかかる

転職するとマニュアルや業務内容をゼロから学ばなければならず、覚えるのに苦労する場合があります。

時間がかかる程、プレッシャーに感じるところが難点となります。

研修期間がある企業もあるので、新しい職場で不安な人は研修がある企業に応募することをおすすめします!

②職場のメンバーに気を遣わないといけない

転職すれば働く仲間も変わり、今までどおりにものごとが進まない場面が増えます。

そこで上手く人間関係が構築できないとストレスが溜まってしまうので難点となります。

新しい会社に転職した際に人間関係で悪いイメージがつかないよう以下の5つの行動に取り組んでみましょう!

5つの行動

行動内容
コミュニケーション積極的にコミュニケーションを取ることで、自分を理解してもらう機会を作る。
チームワークチームの一員として協力的に行動し、共通の目標に向かって働く。
頼りになる自分の仕事を確実にこなすことで、他のメンバーから信頼される存在となる。
フィードバックを受け入れる他のメンバーからのフィードバックを素直に受け入れ、自己改善に努める。
尊重と敬意他のメンバーの意見や価値観を尊重し、敬意をもって接する。

③子どもが恋しくなる

子どもと温かみに触れながら、やりがいや魅力を感じていた一方、一般企業ではドライな部分が多いです。

「子どもに会いたい…」と寂しく感じてしまって転職先での仕事が捗らないことがあるのでどこが難点となります。

保育士から他業種へ転職するならどの仕事がおすすめ?

他業種でおすすめの転職先

保育士から他業種へ転職すると決めても、どの仕事が合ってるのか不安になりますよね。

保育士から一般企業に転職するのにおすすめの職場は以下の5つです。

  1. 他業種転職おすすめ①介護
  2. 他業種転職おすすめ②接客
  3. 他業種転職おすすめ③営業
  4. 他業種転職おすすめ④IT企業
  5. 他業種転職おすすめ⑤事務

他業種転職おすすめ①介護

「人のお世話をすること」や「誰かの役に立てること」をメインとした仕事に転職したいと考えているなら介護の仕事がピッタリです。

保育士同様、資格保持者が優遇される傾向がありますが未経験からでも資格取得支援やフォローアップも充実しているので安心して転職できるでしょう。

資格取得して、役職につけばもちろん給与も上がるので魅力の1つ。

また介護の仕事は、年齢こそ違うものの業務内容が似ていることから転職後、すぐに馴染めることがいいポイントです!

他業種転職おすすめ②接客

接客業の代表となるアパレルや飲食店は、人とコミュニケーションを取ることが求められるので日頃からお客さんに感謝されながら仕事に取り組めます。

その点、保育士経験者にとって接客のお仕事は適任といえます。

普段から子どもだけではなく、保護者や自治体職員と接する機会が多いことから接客業に移っても堂々と仕事ができるでしょう。

また接客業の特徴は未経験でも大丈夫なところがほとんどなので安心してはじめられますよ!

他業種転職おすすめ③営業と事務

営業の仕事は結果重視で厳しいところも多いですが、今より収入を確実に上げたいと感じているなら選んでみるといいでしょう。

営業職は基本給に加えてインセンティブが含まれるのでやりがいはあります。

また保育士は日頃から人と接する機会が多く、コミュニケーション能力や言葉選びに長けているため、営業職でも活かせる場面が多いです。

営業未経験でもOKにしている企業の求人数も豊富なので希望条件に合った職場を見つけることができるでしょう!

事務の仕事は、職場全体を支える役割が求められるため、チームワークや協調性も重要なスキルです。

保育士としてのチームワークスキルを活かし、職場全体のサポートをすることで、職場の雰囲気や業務の効率化に貢献することができるのが特徴です!

他業種転職おすすめ④IT企業

趣味でパソコンに触る時間が多かったり、デザインやプログラミングに興味があるならIT企業に転職することも視野に入れるといいでしょう。

IT関係のお仕事は完全在宅で完結する企業が増えている事が特徴的で、通勤に悩みを抱えている人にもピッタリといえます。

また企業によってはフォローアップ制度を充実しており、未経験者からでもOKになっているところも多いです。

昨今、IT技術の進歩は凄まじく、今後伸び続ける職業なので先を見据えて転職を検討しておくといいです。

他業種転職おすすめ⑤事務

事務のお仕事は定時に退社できる企業が多く、保育士時代に叶わなかった「自分の時間」を増やすことができます。

保育士のような外出行事もなく、デスクワークなので体力的にも安心して仕事に取り組めるのが特徴的です。

また事務職は保育園で培ったパソコンスキルも応用できるので事務仕事が苦でなかった人はスムーズに適応できるでしょう。

ライフバランスを重視しているなら事務のお仕事も検討しておきましょう!

一般企業に転職するなら保育士の転職サイトでもOK!

転職サイトを利用することで、あなたにキャリアカウンセラーが一人担当としてサポートしてくれます。

応募書類の添削や面接対策、年収交渉、条件面の交渉などを完全無料で対応してくれるので、転職がはじめての人に特におすすめです!

人気サイト
ランキング
求人数
6月更新
おすすめの人/特徴
累計40万人が利用!!

保育士バンク!
保育士バンク
公式サイトへ
59,982件・迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
保育士間の転職

保育士ワーカー
保育士ワーカー
公式サイトへ
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人※トライトグループ合計実績
すぐお金が必要なら

せんとなび保育士
せんとなび保育士
公式サイトへ
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給

保育士資格が活かせる仕事はある?

ライフバランスを重視しているなら事務のお仕事も検討しておきましょう。

転職活動するならすでに保有している保育士資格を活かしていきたいですよね。

ここでは保育士資格が最大限に活かせるお仕事を紹介していきます!

仕事例①学童保育

学童クラブは主に小学校3年生までが放課後の時間を利用でき、遊びや食育を通じて子ども達の成長を見守る仕事です。

基本的に午前中から子どもが登室するまでの時間は事務作業やおやつの買い出しなどをして待ちますが、研修や会議なども組み込まれることがあります。

保育士資格を保有しているだけで採用に有利に働きますし、一般指導員ではなく施設長としての採用もあるのでその場合は高い給与水準からスタートできます。

また学童保育のお仕事は人手不足で求人数が豊富なのですぐに内定を貰いやすいのが利点といえるでしょう。

以下に、学童スタッフの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目詳細
平均年収¥3,000,000
ボーナス¥250,000
働く上で辛いこと・学童での子どものトラブルやケガに対応すること
・クラブ活動や塾などで忙しい子どもへの対応が大変
・保護者とのコミュニケーションが難しい場合

仕事例②ベビーシッター

ベビーシッターは利用する家庭の自宅や指定場所にて子どもを保育する仕事です。

利用用途は外出中や仕事のリモート会議中だけお願いされたりとさまざまなパターンがあります。

普段の日常生活のお世話に加えて、勉強・運動を教えるサービスも提供できるため自分の特技を活かせるといったことも可能です。

昨今、ベビーシッターの需要が増え続けており、保育士資格があれば優遇されやすいといえるでしょう。

仕事例③子ども向け塾・スクール

子ども向け塾・スクールは子どもに勉強や運動などを教える仕事となります。

専門分野に特化した内容を教えることが求められますが塾・スクールの理念によっては、未経験からでも採用する企業もあります。

子どもが学校に通っている平日の午前中はレッスンの準備や会議が中心ですが休日は午前中から夕方まで稼働するところが多いです。

子どもに教える経験がある保育士だからこそ「採用したい!」と思う企業がほとんどなので得意分野でなくてもチャレンジしてみるのもいいでしょう!

仕事例④保育ママ

保育ママとは家庭的保育事業といい、保育士の自宅やマンションの一室を利用しながら保育をしていく仕事です。

対象児は0〜2歳の乳児のみで定員は3〜5名と少人数制保育をするイメージです。

「幼児より乳児を保育するのが好き・得意!」、「1人ひとりと寄り添いながら保育がしたい!」と思ってる人に適任といえます。

保育ママになるには自治体の許可がないとなれませんが自分のやりたい保育を実現させたいなら前向きに検討してみましょう!

仕事例⑤ベビーホテル

ベビーホテルは、24時間対応の施設がほとんどですが主に夜20時以降に預かったり、宿泊を伴う保育をする仕事です。

細かい業務内容では子どもの入浴や夜の寝かしつけなど通常の保育園とは業務が異なる部分があります。

保育する側の生活が不規則になる欠点はありますが深夜外手当で給与が高くなる利点があるので効率良く働きたい人は検討してみましょう。

またベビーホテルの場合は有資格のみ求人を出してる企業が多いので採用面でも有利になります。

仕事例⑥保育サービスを提供している一般企業

保育サービスを提供している一般企業は、保育に関わる商品やサービスを提供する仕事のことです。

たとえば、保育士の人材を自ら発掘できる専門の転職エージェントや子どもが大勢くるアミューズメントのスタッフなどです。

子どもと直接的に携わる機会は少ないものの保育士資格者から見える観点が違うため、採用側からすると貴重な存在といえます。

保育士だけが子どもと携わる仕事というわけではないので新しい自分を見つけるために選択肢として検討するのもよいでしょう!

保育士から転職面接で気を付けるポイントは?

一般企業への転職での
注意点

保育士から転職するときに避けて通れないのが面接です。

その面接で気を付けるポイントはどのようなことがあげられるのかを解説します!

  1. 志望動機を明確化する
  2. ポジティブに面接に向かうようにする

志望動機を明確化する

保育士から転職活動するときに気をつけたいのが、企業に応募した際の志望動機を明確にすることです。

志望動機が曖昧だと採用面接官からしても「本当に弊社に入りたいのか?」と不信感を抱いてしまいます。

  • どうしてこの企業に入りたいのか?
  • 志望先の企業で何ができるのか?

この2点を明確にして、自信を持って受け答えができるようにしておきましょう!

ポジティブに面接を向かうようにする

次に保育士から転職活動するときに気をつけたいのが、ポジティブに面接に向かうようにすることです。

面接では対面で実施することが多く、表情や雰囲気が嫌でも見られます。

面接官側の立場で考えると、表情が暗く受け答えもネガティブな返答ばかりだった場合、採用したいとは思いません。

結局、採用するかしないかは同じ人間が決めるので今からでも簡単にできる表情や雰囲気を明るく、ポジティブに面接に臨みましょう。その時点で好印象なイメージが残るので面接で有利になります。

保育士から一般企業に転職して新たな自分を知ろう!

今回は、保育士が一般企業へ転職は可能か、他業種転職ならどんな仕事がおすすめかについて解説していきました。

結論として、保育士が一般企業へ転職することは可能です。

なぜなら、保育士として培ったスキルは他業種でも活かせる場面が多いからです。

もし心配であれば強い味方である転職エージェントや転職サイトなどを上手く活用して不安を解決してからでも遅くないですよ。

これを機に新たな自分を見つけて、希望に満ち溢れながら仕事をしていきましょう!

夏までに転職したい方は…
\ お早めに!/

保育士バンク

選ばれている3つの理由

  1. 厚生労働省の「保育分野における適正な有料職業紹介事業者認定制度」に認定
  2. 日本最大級の累計33万人(有資格者26万人)以上が登録
  3. 47都道府県の求人を扱う
保育士バンク
の詳細を見る